ココが大切!葬式と供養について 

身近な人の葬儀等に参列して、生前の故人をしのんで供養する事が生者の勤めでも有ると思います。

ココが大切!葬式と供養について 

葬儀を行ないながら供養する

葬儀とは故人との思い出を振り返りながら悲しみと供養を行い、最後のお別れをする儀式だと思います。その儀式は一般的には斎場やご自宅で故人をしのびながら火葬・納骨と言う形になると思います。ですが最近は生前に故人の希望を聞く事も出来、なるだけ希望に添った葬儀で送る事も有ります。ともあれ亡くなられた方の親族や会社等の友人に送られ、黄泉の国へ旅立つ事が出来る様に見守る事です。悲しみで涙や声かけをすると安心して黄泉の国へ旅立つ事も出来ないで居られるかも知れません。深い悲しみはその分愛情が最も深かった事を意味するのだと思います。

葬儀は家族・親族・友人・その地域の住人・会社関係等の弔問客が有りますが、生前の故人の話等で悲しみが一層深まります。出来るだけ故人が安心して眠れる様に心からのお祈りをします。残された親族は悲しみの中にいますが、心の中に生前の思い出を振り返りながら葬儀を行ないます。祭壇に飾ってある花を添えて最後のお別れを言います。火葬が済んだら家族で納棺し、もう一度最後のお祈りを添えます。火葬終了後骨壷に収納したならもう一度ご自宅で初七日・二七日とお祈りをささげます。四十九日が済んで納骨してその後は毎日ご自宅の仏壇でお祈りをささげます。忘れないように毎日線香をたく等してお祈りを続けて行きたいものです。

葬儀には色んな宗派が有り、各家庭の宗教に沿った形でお祈りをします。仏壇も宗派によって黒塗りの物や金箔染めの物等が有ります。ご家庭の宗派を知って置く事は必要な事でも有ります。供養に故人が生前好きだった衣類や人形等の小物やお菓子等をお備え増す。嗜好品を添えておく事で故人をしのびます。好きな本や洋服・等のお気に入りも一緒に火葬して置く事も出来ます。腐敗しないものであれば納棺時に小さな物なら一緒に埋葬する事も出来ます。好きな洋服やお気に入りの物等も一緒に火葬してあげる事も故人が寂しい思いをしないで旅立つ事が出来る様にとの配慮でも有ります。

葬式のおすすめブックマーク